Import CD – OINK-011702 – Trance: A Symphonic Poem for Hogs and a Truffle – Artvark Saxophone Quartet

【小学館『サライ』誌(2018年1月号)掲載盤】

オランダが誇る鉄壁のサックス・アンサンブル、Artvark Saxophone Quartetによる2017年作品。
近年、ゲスト・ヴォーカルを招いた活動のイメージが強かった彼らですが、本作においてはゲストなし。サックス四重奏の新たな可能性を探るべく新たに書き起こされた、全7曲からなる美しい交響詩「 Trance 」。

商品コード: oink-011702 商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,

説明

Cat#:

LABEL: Oink Records, NL
Format: CD / OINK-011702
ARTIST: Artvark Saxophone Quartet
TITLE: Trance: A Symphonic Poem for Hogs and a Truffle
EAN: 8714835122258

Lineup:

Bart Wirtz (alto sax)
Rolf Delfos (alto sax)
Mete Erker (tenor sax)
Peter Broekhuizen (baritone sax)

Album previews

 

Notes

A symphonic poem for four pigs.
After several intense and fruitful collaborations with other artists the past few years, Artvark will this fall release a new album as quartet. Not an eclectic programme as you might expect from this group; this time they will bring one story, in one breath. The listener will be invited to join them on a journey from a single tone into a kaleidoscopic tissue of pulsating rhythms, colourful harmonies and tumbling melodies.
Rolf Delfos (alto sax), Bart Wirtz (alto sax), Mete Erker (tenor sax) and Peter Broekhuizen (baritone sax) mix their different backgrounds to a unanimous, creative and original sound: the sound of Artvark!

Artvark has been around for over 12 years and have played at major international festivals such as the North Sea Jazz Festival, the Caïro Jazz Festival and Jazz Brugge. They have engaged in special collaborations with artists as varied as jazz legend Peter Erskine, the Danish rock band Efterklang, classical soprano Claron McFadden, Dutch actor John Buijsman and Dutch author Kees van Kooten. They are currently playing two reprises: their theatre concert ‘Homelands’, in collaboration with singer Ntjam Rosie, and ‘Bosch in Bed’ together with dance group De Stilte from Breda, the Netherlands. Their special collaboration with Apollo Saxophone Quartet from Manchester will be intensified with a new program in 2018.

Voices

名づけようのないもの、既成のジャンルに当てはまらないもの。真に新しく面白い音楽は、しばしばそういった形態をとって現れる。オランダのサクソフォン四重奏団、アートヴァークもまたそのひとつである。艶々と色っぽく、ときに浮遊感を漂わせ、ときに軽妙な、都会風の危険で官能的なサウンドは、ジャズを基本としながらも、それだけにはとどまらない。待望の彼らの新作『トランス』(直訳すれば”恍惚”の意)は、「トリュフ豚のための交響詩」という奇妙な副題がつけられていることに象徴されるように、珍味かもしれないが、鼻の利く人にとってはまたとない美味な音楽でもある。全体が統一感をもった組曲のようになっているなか、「闇(ダークネス)」「神格化(アポテオシス)」といった楽曲の神秘性はとりわけ興味深い。雰囲気ある大人の夜の時間を過ごすための、よきパートナーとなることだろう。- 林田直樹(『サライ』2018年1月号)

 
サブトーンが心地良いオランダのサキソフォン四重奏(アルト、アルト、テナー、バリトン)。もちろんアドリブ・パートもあるが、エコーの効果を狙ったアレンジが独特の世界観を形成している。「豚とトリュフのための交響詩」という副題がついており、いろんな物語や映像が頭に浮かぶ。メランコリックでユークな一枚です。(フジワラ) – Way Out West no.105 / December 2017