Import CD – OBR 005 – Anything Can Happen – Flabby

20年以上に渡りEMI ITALYのダンスミュージック部門を率いてきたニコ・スピノーザ氏によって設立されたRNC MUSIC。メジャー流儀のハイクオリティなプロダクションをもとに、イタリアの新たな才能の発掘と、世界に向けた発信をおこなうオールジャンル型レーベル。

1997年のシングル「Diggy Doggy Doo」、1stアルバム「Modern Tunes for Everybody」(EMI)を世界的ヒットに仕立てたニコ・スピノーザが仕掛ける、FLABBYおよそ10年ぶりの3rdアルバム。(2011年作品/国内未流通)
2003年に初期メンバーの一人アンドレア・デ・サバトが脱退、ロス・ペッレッキアとファブリツィオ・フィオーレの2人となった新生FLABBY。世界25カ国でリリースされ、大ヒットを収めた本作では、アコースティックなジャジー・サウンドを基調に、キュート系女性ヴォーカルLu Herediaと、どこかしらフォーキーで人なつっこさを感じさせる男性ヴォーカル/Ross Pellecchiaが50/50 の割合でリードを取る。マリオ・ビオンディの『ハンドフル・オブ・ソウル』を思わせる楽曲とサウンドの感触。

説明

Cat#:

LABEL: RNC Music, Italy
FORMAT: CD / OBR 005
ARTIST: Flabby
TITLE: Anything Can Happen
EAN: 8019991873311

Lineup:

Andrea Dulbecco (vib)
Tito Mangialajo Rantzer (double bass)
Marco Brioschi (tp, flgh)
Gianluca Di Lenno (p, rhodes, hammond)
Fabrizio Bernasconi (p, rhodes)
Francesco Chebat (piano overdubs)
Rudy Migliardi (tb)
Amedeo Bianchi (sax)
Teo Marchese (dms, perc)
Massimo Pintori (dms)
Lorenzo Fugazzi (acoustic guitar)
Paolo Legramandi (electric bass)
Lu Heredia (vo, background vocal, fl)
Ross Pellecchia (vo, background vocal)
Fabrizio Fiore (guitar, grooves, background vocal)

Rec data:

All tracks produced by Flabby and arranged by Fabrizio Fiore
Recorded, mixed & edited by Paolo Filippi at Cavò Studios, Bergamo (Italy)
Mastering audio by John Davis at Metropolis Studios, London (UK)

Tracks

  1. Don’t Break This Heart of Mine
  2. Everything of You
  3. The Lodgers
  4. The Sea of You
  5. I Love Jazz
  6. Anything Can Happen
  7. Passionfruit
  8. The Sound of Sunday Morning
  9. Why
  10. Tu Seras A Moi Toujours
  11. Never More
  12. Dibi
  13. Look at What I’ve Done for You