Import – LTMRM 11 – Mostly Improvised Instrumental Indie Music – Reinier Baas

説明

1985年生まれ、アムステルダムを拠点に活動する鬼才ギタリストReinier Baas (レイニエル・バース) を中心に、Ben van Gelder (ベン・ファン・ゲルダー/as) 含むオランダの若手精鋭5人によって結成されたオールスター・クィンテット“The More Socially Relevant Jazz Music Ensemble”が送る、新世代のクリエイティヴ・ミュージック。ラヴェルからArctic Monkeys、オーネット・コールマン、Flying Lotus、Human Feel (かつてカート・ローゼンウィンケルも参加したバンド) まで、さまざまな影響をもとに独自の美学によって昇華させた唯一無比の音楽世界。

Cat#:

LABEL: Mainland Records (Netherlands)
CAT#: LTMRM 11
ARTIST: Reinier Baas
TITLE: Mostly Improvised Instrumental Indie Music
Format:
CD Digi-pak: 8715777008242
LTD LP (PFR023 / Coke-bottle green): 4560312319086
LTD LP (PFR023BK / Black): 9789082048308

Lineup:

Reinier Baas (g, compositions)
Ben van Gelder (as)
Maarten Hogenhuis (as)
Sean Fasciani (b)
Mark Schilders (ds)

Tracks

  1. The Giant Everywhere
  2. 2nd Coming of Homunculus
  3. Do You Know Ben van Gelder?
  4. And/or
  5. Off The Sauce
  6. Malala
  7. Bobby Fischer’s Bucket List
  8. Envanje
  9. Black Narcissus

Album preview