ALBCD 032 – Untitled – Dario Carnovale, Alessandro Turchet, Luca Colussi

¥2,592

無題
/ダーリオ・カルノヴァーレ – アレッサンドロ・トゥルケット – ルーカ・コルッシ

アフリカから吹きつける乾いた熱気、欧州クラシック音楽の伝統、イスラムに交わる地中海の静寂。その先にうっすらと浮かぶのはまだ見ぬ名もなき世界。シチリア州都パレルモからイタリア最北東のフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州に活動拠点を移したダーリオ・カルノヴァーレ(p)によるピアノ・トリオ最新作は、ユーリ・ゴルベフに比肩する凄腕ベーシスト、アレッサンドロ・トゥルケットを新たに迎えた、<静と動>のコントラストが際立つリリカルな音楽紀行。世界有数の名エンジニア=ステーファノ・アメーリオ(ARTESUONOスタジオ)による録音、ミックス&マスタリング。

Description

Cat#:

Format: CD, 4 panels paper sleeve mini-LP style / ALBCD-032
Artist: Dario Carnovale, Alessandro Turchet, Luca Colussi
Title: Untitled
JAN: 4560312310328

Lineup:

Dario Carnovale (piano)
Alessandro Turchet (double bass)
Luca Colussi (drums)

Rec data:

Recorded on February 14, 2017
Recorded, mixed & mastered by Stefano Amerio at ARTESUONO Recording Studios, Cavalicco (Udine) – Italy

Voices

A record without any title, but more than enough energy to brilliantly state itself – thanks to magical interplay from the trio of Dario Carnovale on piano, Alessandro Turchet on bass, and Luca Colussi on drums! And yes, the format is one that you’re certainly familiar with – but this is also one of those piano trio records that states itself as unique right from the start – not through any avant inclinations, but just through the freshness of the group and the way they work together – a strength that partly comes from the album’s original music by Carnovale! In fact, we might say that these songs are strong enough, they hardly needed to title the album – as great tracks include “Rush”, “Interpolation”, “Miriam & Sara”, “Return”, “Malinko”, and “Zisa”. © 1996-2018, Dusty Groove, Inc.

 

  「ステファノ・ボッラーニ以来の衝撃」と評され、欧州ジャズ・ピアノファンが期待を寄せる伊シチリア出身の若手ピアニスト、ダーリオ・カルノヴァーレ。新加入アレッサンドロ・トゥルケット(b)が推進力となり、ドラマチックなダイナミズムを生み出している。アルコも上手い。高密度・高音質のステファノ・アメリオ録音が嬉しい。(石田)Way Out West vol.109 / April 2018

 

  79年生まれのカルノヴァーレを中心とするイタリアのピアノ・トリオ。ピアノとベースのソロを聴くカタチをとっているが、3者の動きが書かれた音楽のように緻密に絡み合い、凝って多種多彩なサウンドスタイルによる個々の曲のイメージを、スキなくきっちりと作りあげて一種絵画的に魅せる。ヨーロッパだ。(中)CD Journal / June 2018

 

  イタリアが誇るダーリオ・カルノヴァーレのトリオ作品 故郷イタリア・シチリアのパレルモからイタリア最北東フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州に活動拠点を移したというダーリオ・カルノヴァーレ。”ステーファノ・ボッラーニ以来の衝撃”と称されるなど、イタリアジャズの巨匠エンリーコ・ラーヴァ秘蔵っ子の実力派ピアニストとして名を馳せている。その端正なタッチとドラマチックでロマンチックなピアノはこの最新作でも堪能できる。また本作で特筆すべきは、注目の凄腕ベーシスト、アレッサンドロ・トゥルケットが参加していること。「Miriam and Sara」「Malinko」でのソロ、見事なアルコ&ピチカートが聴ける「Ruah」も素晴らしい。トリオの三位一体のプレイ、静と動のコントラストなど、『無題』のなかに無限の世界が広がっている。- The Walker’s vol.53 (June 2018)

Tracks

  1. Rush
  2. Sic 58
  3. Interpolation
  4. Miriam and Sara
  5. Return
  6. Malinko
  7. Prelude
  8. Ruah
  9. Zisa

All songs composed by Dario Carnovale / published by Albore Jazz Satoshi Toyoda (GEMA), except “Ruah”.

Apple Music

Spotify