Import LP – EWOC 013 – Presents BLack Fairy – Better Boys Foundation Family Center

Description

シカゴ出身のベター・ボーイズ・ファウンデーションが、70年代中頃にブラック・チルドレンの啓蒙と教育を目的に、学校向けの移動演劇としてスタートさせた演劇『BLACK FAIRY』のサウンドトラック/オーディオブック(黒いがゆえに魔法を持たず、子供たちに何も与えることができないと悲しむ黒い妖精が、過去に連れられブラックカルチャーの歴史を学ぶことによって自分たちのルーツを再認識し、希望を失った子供たちに黒人としての誇りと自信を与えることができるようになるというお話)。
このタイトルには2種類のヴァージョン(カラージャケとモノクロジャケ)が存在するが、本モノクロジャケは、学校への配布を目的に制作されたプライヴェートプレス。一方のカラージャケは、シカゴのLamont Zeno Theatreでの公演が決まった際に、会場での販売用としてTAIFA RECORDSがプレスしたものとされる。同劇は1974年にシカゴで4000人の子供たちを動員、翌75年にはデトロイトで2000人の子供たちの動員を記録した。
洗練されたメロウ・ソウル、ブルース、ゴスペルの間に挿入されたA8「BLACKLAND OF THE NILE」は、2004年にJAZZMANから 7インチ盤でシングルリイシューされ、ジャイルス・ピーターソンにも紹介された人気のスピリチュアル・ワルツ。サックスのチコ・フリーマンにとっては、1976年の初アルバム『Morning Prayer』に先立つ最も初期のレコーディングとなる。
歴史に埋もれた良盤復刻プロジェクト第13弾。

Cat#:

LABEL: seriE.WOC, Italy
Format: LP / EWOC-LP013 (limited 100 copies)
ARTIST: Better Boys Foundation Family Center
TITLE: Presents BLack Fairy
Originally released as: BETTER BOYS FOUNDATION BBC3101 (1975, Chigago USA)
JAN: 4560312319338

Lineup:

Barry Ray, Denise Llorens, Gregory Curry, Jerry Johnson, Patricia Crawford, Rhonada “MaseQua” Myers (chor)
Larry Burton (b)
Michael Llorens (ds)
Anthony Llorens, Jerry Johnson (el. p)
John Llorens (g)
Earl “Chico” Freeman (horns)
Anthony Llorens (org)
Jerry Johnson (perc)
Jerry Johnson (p)
Gregory Curry (vo. on tracks: A7, B1)
Tony Llorens (vo on track: A10)

Original credit:

Written By Eugene Perkins
Produced by Pemon Rami

seriE.WOC thanks to:
Gerado Frisina for Archive Advice

Tracks

A1. Black Fairy Meets Johnny
A2. Please Give Me Some Magic
A3. Black Fairy Meets Black Bird
A4. Tell Them They Are Beautiful
A5. Travel To Afrika-Instrumental
A6. Black Fairy Meets Queen Mother
A7. Afrika’s My Home
A8. Black Land Of The Nile
A9. Trip To America
A10. Go Down Moses
A11. Did You Feed My Cow

B1. The Streets Of Harlem
B2. Afrikan Children
B3. Black Men Can Be Beautiful
B4. Black Fairy
B5. Eulogy For Black Fairy
B6. Black Fairy Returns
B7. Hey, Black Child
B8. Johnny & Black Fairy

Notes