Import CD – AU3004 – Magnolia – Mirko Signorile

説明

気鋭の伊・若手ピアニストを発掘紹介する「ピアノ・シリーズ」#3000番台。年間に僅かなタイトルしかリリースしないと言い切る、日本のピアノ・トリオ・ファンの期待を決して裏切らない厳選された期待のシリーズ。

その独特の世界観によって「伊ジャズ界のティム・バートン」の異名をとるミルコ・シニョリーレ(p)が提示する壮大な新ピアノ・プロジェクト。
60年代欧州ジャズに捧げるSchema初期人気作品「Ecco/Quartetto Moderno」(1999年)、「The Magic Circle/Syner Jazz Trio」(2005年)で、その独特の美学をもとにスタイリッシュなサウンドを聞かせたミルコ・シニョリーレ(p)。
長年活動を共にするジョルジョ・ヴェンドラ(b)、ファビオ・アッカルディ(ds)によるトリオを基調に、チェロとミニマルなポストプロダクションを加え、リリカルで幻想に満ちた音楽世界を聞かせる。

Cat#:

LABEL: AUAND Piano Series, Italy
Format: CD / AU3004
ARTIST: MIRKO SIGNORILE
TITLE: MAGNOLIA
EAN: 8031697300427

Lineup:

Mirko Signorile (p)
Giorgio Vendola (b)
Fabio Accardi (ds)
Giovanna Buccarella (cello)
Cesare Pastanella (perc)
Marco Messina (electronics on #1, 4)
Giovanna Carone (vo on #6)

Rec data:

Produced by Ottava Banda
Executive producer : Marco Valente
Recorded at International Sound, Conversano (BA) Italy, between May 28 – June 5, 2012
Recording engineer : Francesco Aiello
Mixing & mastering engineer : Cassano Murge

Tracks

  1. Viola
  2. Come Burattini
  3. La Rosa del Deserto
  4. Magnolia
  5. … E Si Aprirono le Ali
  6. Il Giro della Testa
  7. La Danza del Rivale
  8. Racconti di Fata
  9. Autoritratto
  10. Intorno a Me
  11. La Villa Bianca

Album preview