ALBCD 035 – Tenors of Our Time – Dave O’Higgins Trio + Max Ionata

¥2,160

テナーズ・オブ・アワ・タイム
/デイヴ・オ・ヒギンズ・トリオ + マックス・イオナータ

30年以上のキャリアを誇り、近年はマット・ビアンコのメンバーとしても活躍する英国紳士デイヴ・オ・ヒギンズ(ts)率いるオルガン・トリオに、イタリアの伊達男マックス・イオナータ(ts)が全面ゲスト参加した、双頭テナーによるハードバップ・プロジェクト。サポートは、「ノスタルジア77オクテット」のロス・スタンレー(org)、そしてNY在住のルーカ・サンタニエッロ(ds)。

Physical release: November 07, 2018
Digital release: December 01, 2018

Description

Cat#:

Format: CD, 4 panels paper sleeve mini-LP style / ALBCD-035
Artist: Dave O’Higgins Trio + Max Ionata
Title: Tenors of Our Time
JAN: 4560312310359

Lineup:

Dave O’Higgins (tenor sax)
Max Ionata (tenor sax)
Ross Stanley (Hammond organ)
Luca Santaniello (drums)

Rec data:

Recorded on 14 May 2018 as live (all in the same room, no headphones)
Mixed and mastered by Dave O’Higgins at JVG Studio, Brixton, London
All photos by Christine Ongsiek except the 606 Club shot
Max Ionata is on the left side of the stereo image, Dave on the right

Produced by Dave O’Higgins
Executive producer: Satoshi Toyoda – Albore Jazz

Dave O’Higgins plays Vandoren reeds.
www.daveohiggins.com

Tracks

  1. Fourplay (James Williams)
  2. Satosong (Max Ionata)
  3. Lady Face (Dave O’Higgins)
  4. Donna (Gorni Kramer)
  5. Medication (Dave O’Higgins)
  6. Song for Cape Town (Dave O’Higgins)
  7. The Eternal Triangle (Sonny Stitt)
  8. The Enigma of the Day (Dave O’Higgins)
  9. You’re Nicked (Dave O’Higgins)
  10. Rainy Day (Max Ionata)

Voices

オルガン・トリオに熱いバップ魂の組み合わせがカッコイイのなんの・・・
英国の人気サックス奏者デイブ・オヒギンズのオルガン・トリオにイタリアを代表するテナー奏者マックス・イオナータが参加した1作。
このオルガン・トリオに熱いバップ魂の組み合わせがカッコイイのなんの・・・
ハード・バップやワン・ホーン好きな方で「食わず嫌いってわけじゃないけど、オルガン・トリオってあまり聴かないな・・・」という方にも、いや、という方にこそ!!聴いて頂きたい男気あるストレート・アヘッドな演奏とクルーネスが同居したジャズの旨味が香る素晴らしい1作。
スウィンギーなドラムスとオルガンの涼しげでクールな音色にノセて2管で吹くわ吹くわ・・・もちろんオルガンもガンガンにソロを取るのでオルガン・ファンも聴き逃せませんよ。
ここからオルガンの深~い世界にハマってしまいそうです・・・文句なしに全曲カッコイイ!! – diskunion

Apple Music

Spotify