ALBCD 019 – Arietis Aetas – Luigi Martinale

¥2,571

星降る夜空を力強く駆け上る牡羊は、ヨーロッパでは古くから知性と情熱、激情を表す。トリノ出身のピアニスト=ルイージ・マルティナーレの新作は、牡羊をモチーフにその気質を流麗に聴かせるピアノ・ソロ作品。明快に響くメロディと高度な和声技法によってもたらされるその音楽世界は、ヨーロッパの伝統と同時代的感覚の融合による<現代イタリア音楽のひとつの理想型>と言うことができる。

Aries, a strong, creative thrust and powerful expression of energy. ARIETIS AETAS is a prosaic narrative of “the life of aries” led by Turinese pianist, Luigi Martinale, one of the exponents of the Italian contemporary pianism, deep-rooted on the European cultivated tradition and jazz improvisation. The piano reins the rising aries, and the music leads us to the sky full of stars…

 

Description

Cat#:

Format: CD / ALBCD-019
ARTIST: LUIGI MARTINALE
TITLE: ARIETIS AETAS
JAN: 4560312310199

Lineup:

Luigi Martinale (piano)

Rec data:

All music directed and performed by Luigi Martinale
Recorded at Play! Studio, Bricherasio (TO) Italy, on February 20-21, 2012
Recording engineer : Alberto Macerata
Mixing & mastering engineer : Luca Bulgarelli
Cover drawing by Yoko Emanuela
Photo [C] 2012 Patrizia Galliano, Alberto Ferrero
Executive producer : Satoshi Toyoda, albóre jazz
[C] & [P] 2012 albóre jazz

Tracks

  1. Arietis Aetas (Luigi Martinale)
  2. The Absynth (Luigi Martinale)
  3. My Romance (Richard Rodgers)
  4. These Foolish Things (Jack Strachey)
  5. Por Toda A Minha Vida (Antonio Carlos Jobim)
  6. If I Should Lose You (Ralph Rainger)
  7. My One and Only Love (Guy Wood)
  8. U.M.M.G. (Billy Strayhorn)
  9. Everything Happens To Me (Hoagy Carmichael)
  10. Darn That Dream (Jimmy Van Heusen)
  11. Aka Tombo – Bonus Track – (Kosaku Yamada)

Album previews

 

Voices

serai1963年イタリア・ピエモンテ州生まれのジャズ・ピアニスト、ルイージ・マルティナーレのソロ・アルバム『アリエーティス・アエタース』(ラテン語で”牡羊の時代”)。暖かく、さりげない、それでいて歌にあふれたピアノは、言葉は少ないけれど、ゆっくりと話を聞いてくれる親密な友人のようだ。聴き手の心に少しずつ元気を取り戻してくれる。
彼はトリノのヴェルディ音楽院で修士号をとっており、現在でもイタリア国営放送RAIオーケストラへの楽曲提供も行っているというだけあって、和声と転調の感覚が精妙で美しい。ビル・エヴァンスの愛奏曲やジョビンやストレイホーンの作品もさることながら、自作の数々、そして最後に収められた「赤とんぼ」も見事だ。
本人の楽曲解説を読んで感じられるのは、過去と異文化に対する強い敬意が、演奏の底に流れていることである。長く付き合えそうな腕の確かなピアニストを見つけて、すっかり幸せな気分になった。(林田 直樹/サライ2013年5月号)

 

cdjトリノ出身のピアニスト、ルイージによるアルバムは牡羊がテーマに選ばれている。牡羊はヨーロッパでは知性や情熱を意味するという。それにぴったりのプレイをソロ・ピアノで聴かせてくれるのがここでのルイージだ。穏やかでパッショネートな演奏が印象的。(隆)