ALBCD 011 – Coffee Time – Max Ionata Organ 3 + Fabrizio Bosso

¥2,592

アルバム『インスピレーション』でイタリアン・ハードバップの最新モードを披露したマックス・イオナータ(ts)の次なるプロジェクトは、モーダルにドライヴするマンヌッツァのハモンドをフィーチャーした自身のオルガン・トリオに、朋友ファブリツィオ・ボッソ(tp)が全面参加したヒップな2管クァルテット。ファンク、ボッサ、ネオ・ハードバップのすべてが凝縮された、最新のエンターテイメントをローマからお届けする。

Following the successful album “Inspiration”, Max Ionata has just started on his new project featuring Mannutza’s groovy modal organ and Tucci’s contemporary Latin / Soul / Jazz / Funk based beats. Meeting again with fabulous trumpeter Fabrizio Bosso, these finest 4 formed the Diarchal Trumpet-Tenor Quartet, that may remind us of those legendary modal organ quartets in the mid 60’s. There’s no revival here though, just a good bunch of fresh, energetic Italian Neo-Hardbop sounds.

 

Description

Cat#:

Format: CD / ALBCD-011
ARTIST: MAX IONATA ORGAN 3 + FABRIZIO BOSSO
TITLE: COFFEE TIME
JAN: 4560312310113

Lineup:

Max Ionata (ts)
Luca Mannutza (p)
Lorenzo Tucci (ds)
Fabrizio Bosso (tp, flg)

Rec data:

Recorded at Casa del Jazz Studio, Roma Italy, on June 1-2, 2010
Recording engineer : Stefano Del Vecchio
Mixing & Mastering engineer : Luca Bulgarelli
Photographer : Andrea Boccalini
[C][P] 2011 albóre jazz

Tracks

  1. Coffee Time (Max Ionata)
  2. In ‘n’ Out (Joe Henderson)
  3. Donna (Gorni Kramer)
  4. Kiss (Prince)
  5. E.S.C. (Luca Mannutza)
  6. Safari (Luca Mannutza)
  7. Mona Lisa (Max Ionata)
  8. All Blues (Miles Davis)
  9. Chan’s Song / Dedicated to Gianni Basso (Herbie Hancock)

Album previews

 

Voices

dg_logoA burning little set – and one that really gets at the best vibe of organ/tenor sessions of the 60s – like some of the hipper work on Prestige, or even some of Larry Young’s classics for Blue Note! The group’s led by tenorist Max Ionata, but features some amazing keyboards from Luca Mannutza – who plays both organ and Fender Rhodes on the date – giving it that bridge of the 70s feel from those key transformative years for soul jazz keyboards! Other players include the excellent Fabrizio Bosso on trumpet and flugelhorn – a player who’s always a welcome addition to any date – and Lorenzo Tucci on drums, playing with a dynamic flair that would have made Joe Dukes proud. Titles include “Coffee Time”, “In N Out”, “Donna”, “ESC”, “Safari”, and “Chan’s Song”. © 1996-2015, Dusty Groove, Inc.

 

cdj伊の俊英による独創オルガン作
イタリアのハード・バップ・シーンを支え、現代ジャズ・シーンのなかでも別格にホットなテナーマン、マックス・イオナータ。彼の新プロジェクトは、日本でも人気の高いファブリツィオ・ボッソをフィーチャーしたオルガン・バンド。ボッソのトランペットが時に鋭く切り込み、高らかに鳴り渡り、切なく哀愁を漂わせる。イオナータはより思索的に情念を燃やしたソロを取る。そんな赤い炎と青い炎のような二人に、ルーカ・マンヌッツァのモーダルなオルガンが絡む。伝統的なジャズ・オルガンの系譜を踏まえつつ、まるで発明されたばかりの楽器の音色と思ってしまいそうなくらい、独創的なニュアンスで弾きまくる。ハイ・ファイヴのドラマーであるロレンツォ・トゥッチが、ジャズ、ファンク、ラテン、ソウルなど、現代イタリアン・ジャズに求められている要素をグルーヴィに押し出すことで、4人のケミストリーが発生。今の時代にふさわしい豊かで深い内容を持った作品となっている。(松永誠一郎)

 

イタリアン・ジャズ海を代表するテナー奏者の1年ぶりとなるリーダー作は、ファブリツィオ・ボッソとルーカ・マンヌッツァを迎えた2ホーン+オルガンから成る編成で作られた。ジョー・ヘンダーソン”In ‘N’ Out”やプリンス”Kiss”のカヴァーを披露し、ハード・バップもファンクもまとめて現在進行形のサウンドへと昇華させた傑作だ。なかでもホーンの掛け合いは息を呑む凄まじさで、これは世界最高レヴェルでしょ! – 藤井 大樹/タワーレコード bounce(vol.325 2010年9月25日発行号掲載)